まーぼーの九州オススメ温泉ガイド

佐賀 武雄温泉 総大理石でできた家族風呂

佐賀武雄温泉に江戸時代からある温泉をご紹介します。

 

 

江戸時代の武雄鍋島藩主のためだけに作られた

贅沢な総大理石の浴槽のお風呂が今は、

貸切家族風呂になっていて武雄温泉の目玉になっています。

 

佐賀武雄温泉は嬉野温泉からも車で20分程度の距離で

嬉野温泉と同じく「美人の湯」として有名です。

 

温泉の特徴はしっとりとした肌触りの温泉で、

保温性が高いことが特徴で、湯治としても有名、

お湯の感じは嬉野温泉と似ていると思います。

 

日帰りで入れる立ち寄り湯の数も多いのもオススメ。

 

また、武雄温泉と言えば、国の重要文化財にも指定されている、

「桜門」が目に入ってくると思います。

 

白色に鮮やかな朱色が映え、日本らしい歴史も感じられるし、

中国っぽさも感じられる独特の雰囲気の門です。

 

この桜門をくぐると、大衆浴場と武雄温泉新館があり、

武雄温泉新館は資料館でこちらも重要文化財です。

 

今回紹介する歴史を感じる武雄温泉大衆浴場は、

家族風呂の数も大浴場の数もたくさんあり、

色んなタイプの温泉を試せるのもオススメのひとつ。

 

 

また佐賀武雄の武雄市図書館はあの蔦屋が経営することで

全国的にもニュースになった話題のスポットです。

 

普通の図書館とはまた違った雰囲気があり、

大人が楽しめる図書館です。

 

ここでは独特な雰囲気の家族風呂と温泉に合わせて

話題になった武雄市図書館も紹介していきます。

 

スポンサーリンク


 

歴史ある総大理石の温泉

 

 

江戸時代に作られた贅沢な総大理石の家族風呂がある温泉は、

佐賀県武雄市、武雄温泉大衆浴場、殿様湯です。

 

住所:佐賀県武雄市武雄町武雄7425

佐賀武雄北方インターから車で5分。

 

 

%e3%82%b5%e3%83%96%e7%94%bb%e5%83%8f14-21

出典:http://www.takeo-kk.net/spa/001344.php

 

 

武雄温泉大衆浴場の中には、様々な大浴場と

家族風呂があり、オススメする殿様湯はその一つです。

 

 

1 温泉の利用案内

 

 

家族風呂

 

    • 7つ 殿様湯 家老湯 鶴 亀 松 桜 つつじ
    • 利用料金 平日60分 ¥1900~¥3300
    • 土日祝 60分 ¥2300~¥3800
    • 営業時間 10時~22時受付まで

 

内湯

 

    • 内湯  露天  男女1つずつ
    • 元湯  大人 ¥300 小人 ¥150
    • 蓬莱湯 大人 ¥400 小人 ¥200
    • 鷺乃湯 大人 ¥600 小人 ¥300
    • 営業時間 6時~11時 (蓬莱のみ20時半まで)

 

 

2 温泉の泉質

 

 

    • アルカリ性単純温泉
    • 泉温 49.6度

 

温泉のお湯は熱めなので熱い温泉好きの方に

特にオススメです。

 

温泉の色は無色透明なお湯で特に匂いもありません。

 

お湯がとろとろとしていて、とても柔らかい温泉で、

美人の湯を肌で感じることのできる温泉です。

 

殿様湯の家族風呂のほかにオススメなのが元湯です。

 

元湯は今日本にある木造建築の大衆浴場の中で

一番古いとされている、大変趣のある建物です。

 

元湯には「あつ湯」と「ぬる湯」があり、

「あつ湯」は温泉の温度が44度~45度近くあって、

かなりの熱いのが好きな方でないと入れないかも。

 

「ぬる湯」も、実際は42度くらいあり全然ぬるくない・・。

 

家で入る42度より熱いと思います。

 

熱いお湯好きの方はぜひ挑戦してみてください。

 

スポンサーリンク


 

3 温泉の効能

 

 

神経痛、筋肉痛、関節痛、打ち身、くじき、

疲労回復、健康増進、五十肩、などなど。

 

家族風呂の料金の中で一番高いのが「殿様湯」。

 

他では味わえない白と黒の大理石のお風呂は

独特な雰囲気と作りなので、

雰囲気代として高いような気もします。

 

でも、他で見ることのない雰囲気なのは間違いないです。

 

実際に江戸時代の殿様が入っていた浴槽でさらに、

日本の医療に大きな影響を与えたとして有名な、

シーボルトが入ったことでも知られています。

 

なので、雰囲気代と歴史を感じる代として、

まぁ、高くても仕方ないのかな~という気分にも・・・。

 

 

でも、設備は充実していて温泉に入る手前に和室があり、

扇風機やドライヤーが完備されていて休憩ができます。

 

家族風呂の料金は高めですが、内湯もあるし、

佐賀武雄の歴史と質の良い温泉を楽しめるので、

オススメします。

 

 

4 武雄温泉から武雄市図書館へ

 

 

佐賀武雄温泉から車で5分ほど行くと

武雄市図書館があります。

 

佐賀武雄と言えば武雄市図書館がちょっとした

話題になりました。

 

蔦屋が運営する市立図書館で、

市立図書館の中に新しいスタイルのスタバもあります。

 

 

pic-11

出典:https://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/top.do

 

図書館だけれど、大きい本屋さんのような、

コーヒーを飲みながら本を読むことができる

スペースも確保されています。

 

本を買うことも借りることも両方でき、

図書館らしく勉強する学習室もちゃんとあります。

 

自分の住んでる地域の図書館が、

こんな図書館だったらいいなぁと、きっと通う図書館に

なるのではないかと思います。

 

 

佐賀武雄温泉に行くなら、武雄大衆浴場と武雄市図書館も

合わせて行かれてみてはいかがでしょうか。

 

レトロな雰囲気の大衆浴場と落ち着いた近代的な図書館、

好対照な空間を楽しめるのでオススメです。

 

 
スポンサーリンク



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です